Q 健康診断で善玉コレステロールが少ないと言われたのですが?

A 総コレステロールの中で、LDLコレステロールのことを悪玉HDLコレステロールのことを善玉、と呼びますね。

これらは、LDLが多いと動脈硬化が進みやすく(=脳卒中や心筋梗塞になりやすく)、逆にHDLが多いと動脈硬化が抑えられる(=脳卒中や心筋梗塞になりにくい)、という疫学的な事実からついた呼び名です。

No.3の項でも述べましたが、LDLが動脈の壁に入り込んで、酸化されるところから動脈硬化が始まるので、血液中のLDLが多いほど動脈硬化が起こりやすい、というのは素直にうなづけますね。

それでは、なぜ善玉(HDL)が多いと動脈硬化が起こりにくいのでしょうか?

HDLは、動脈の壁などの末梢組織から余分なコレステロールを引き抜いて、肝臓へ転送する、コレステロール逆転送(RCT)の役目を担っていると考えられています。HDLは余分なコレステロールを回収して回るシャトルの役目をしているわけです。

そのため、HDLが足りないと、動脈の壁にコレステロールが蓄積して、動脈硬化が進んでしまうのです。

HDLコレステロール値が1mg/dl低下すると、心筋梗塞の危険度が2-3%増えるといわれています。






HDLコレステロールが少なくなる原因としては、家族性低HDL血症、家族性LCAT欠損症、アポA-I欠損症などの遺伝性の病気の他に、次のようなものがあります。

1.喫煙

2.肥満

3.運動不足

4.飽和脂肪酸(動物性の脂肪など)

5.ある種の薬剤、ホルモンなど




<善玉(HDL)コレステロールが低いといわれたら…>

まず上記1−5をなくしましょう。

次に、摂る事によってHDLを増やすことがわかっているものがあります。


1.魚介類と、それに含まれる不飽和脂肪酸(EPA, DHA)

2.ナッツ類と、それに含まれる不飽和脂肪酸(α-リノレン酸)
    
α-リノレン酸は、体内でEPA, DHAに変換されます。

3.少量のアルコール飲料…
    
一日に1-2杯のアルコールは、HDLコレステロールを約12%増やすといわれています。

4.スタチン類(メバロチン、リピトールなど)


医師の指示に従い、生活習慣を改善してください。1−3に代表されるように、地中海ダイエットが強い味方となります(地中海ダイエットの項も参照してください)。 

     




Q&Aトップへ