Q 高脂血症の基準を教えてください。

A 高脂血症のなかには、高コレステロール血症高トリグリセリド(中性脂肪)血症があります。

1.コレステロール

  総コレステロール        (T-Cho)
  LDL(悪玉)コレステロール   (LDL-Cho)
  HDL(善玉)コレステロール   (HDL-Cho)

総コレステロール、LDLコレステロールが高いほど、動脈硬化が進みやすく、心筋梗塞の危険が高いことがわかっています。また、逆にHDLコレステロールが低いほど心血管病の危険が高いことも明らかになっています。

今までに欧米諸国や日本で行われた調査の結果、総コレステロールで220、LDLコレステロールで140を超えるか、またはHDLコレステロールが40を下回ると心筋梗塞が増えてくることがわかりました。

コレステロール値が高くなると、心筋梗塞などの虚血性心疾患が増えてきます。



このため、日本動脈硬化学会が2002年に発表したガイドラインによれば、

高コレステロール血症     総コレステロール   220mg/dl 以上
高LDL血症            LDLコレステロール  140mg/dl 以上
低HDL血症           HDLコレステロール   40mg/dl 未満

 

を高脂血症の基準としています。(空腹時採血)


2.トリグリセリド (中性脂肪)

中性脂肪が高いと心血管病の危険が増えるという報告も数多くされています。アメリカのフラミンガム研究で150mg/dl以上で心筋梗塞が増加したことから、日本動脈硬化学会のガイドラインでも

高中性脂肪血症        中性脂肪         150mg/dl 以上


を基準としています。(空腹時採血)

これらの基準は、これを超えると心筋梗塞などの心血管病の危険が増えてくる、ということを根拠にして設定されていますが、この値を超えたらすぐに薬を飲まなくてはいけない、というわけではありません。心血管病の既往のない人は、原則としてまずライフスタイル、生活習慣の是正からはじめます。

これに対して、心筋梗塞や脳卒中を起こしたことがある人や、糖尿病の人など、リスクが高い人たちに関しては積極的に薬物療法を行うことが必要と考えられています。


Q&Aトップへ