Q 夜中に息苦しくて目が覚めるのですが?

(夜、寝ているときに息苦しく、胸が重くなることがあります。心臓が悪いのでしょうか? 放っておいても大丈夫ですか?)

サンケイリビング Living Eye 2005年さいたま版より


A
 
このような症状の場合、

1)狭心症や不整脈のような心臓の病気か、
2)睡眠時無呼吸症候群のような呼吸器の病気


が考えられます。

狭心症は、心臓に血液と酸素を送っている「冠動脈」の血流が悪くなるために起こります。症状は胸の中心から左側にかけての痛み、圧迫感や締め付けられる感じが多く見られます。夜中から明け方に起こる「異型狭心症」は、冠動脈のスパスム(けいれん)によって起こることが多く、心筋梗塞や重い不整脈につながる事もあるため、楽観できません。心不全や不整脈の症状としても、夜間の息苦しさはよく見られます。ホルター(24時間)心電図や心臓エコー、運動負荷試験などを受けることをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群は、眠っているときにのどの部分で空気の通り道がふさがってしまい、呼吸が止まる発作を繰り返す病気です。決して珍しい病気ではなく、日本で数百万人の患者さんがいると推測されています。太り気味でいびきをかき、昼間に居眠りをすることが多いようならばこの病気を強く疑います。放置すると高血圧になることが多く、また心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなりますので、早めに検査を受けることをおすすめします。「睡眠ポリグラフィー検査」は外来で簡便に行えますので、専門の医療機関にご相談ください。

このほか、気管支喘息COPDといった呼吸器系の病気でも夜中の息苦しさが出る場合があります。いずれの場合でも適切な治療法がありますので、早めの受診をおすすめします。

心臓や呼吸器の病気の症状である可能性があります。専門医に相談してください。








Q&Aトップへ